読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳女性定年説〜35歳で女は女性からおばさんになる〜

おばさんは何歳から?という問いには答えが用意されている、答えはもちろん「30歳から」だ。だがこれは半分正解で半分間違いだ。女としての価値が急激に落ちるという意味でおばさんというのは正しいが、女としての価値が完全になくなるわけではない。

 

実際に女としての価値が(男性から見た性的魅力が)なくなるのは35歳からだ。

 

つまり25歳辺りから徐々に下り坂が始まり、急な下り坂が始まるのが30歳であり、坂を下りきって平坦になるあたりが35歳という意味だ。これが世に言う35歳女性定年説である。

 

プログラマー35歳定年説や転職35歳限界説と同様に、女性としての魅力で戦える限界が35歳ということである。(もちろん個人差はあるし常識が変わっていく可能性もある)

 

35歳からは「おばさん」としての女を頑張るべき

ここまで言った女性の価値というのは男性から見たときのセックスアピールという意味であり、性的な魅力の話である。子供を育てたり女ならではの価値観は無関係に残っているので、女は性的魅力が全てだ!などという女性蔑視の意見を表明するつもりは一切ない。

 

もし不機嫌になったりする女がいるとすれば、それは男性からの性的な評価に依存した形でしかアイデンティティーを築けていないということであり、何よりその女自身が女の価値は男からの評価のみで決まるという考え方をしているという証拠である。

 

女性としての残存価値は減っていく一方だからこそ若い時間を大切にしろ

女性は加齢に従って市場価値を償却していく。よく言われるように、男性が積み上げていく人生とするなら女性はすり減らしていく人生だ。どちらにも一長一短があるのでどちらが悪いということではない。

 

例えば男は年長者と比べて常に価値がないとみなされる縦社会の下から人生をスタートさせる。苦難と苦痛に満ちた道である。

 

だが逆に女は生まれた直後から価値が上がっていき、20前後で社会的価値のピークを満喫することが出来るのだ。高校出たての何の技術のない人間でも、女ならその気になれば汗水流して働く父親世代の数倍ものお金を稼ぐ道が用意されている。ただイヌやネコでもやっている交尾の真似事を少し丁寧にするだけで、である。

 

そして女は、自分より目上の同性を「あの人の歳知ってる?おばさんじゃんwもう女終わってるしwww」などと小馬鹿にするような発言をするのである。(よくスタバなどで女子中高生が言ってます)そして自分がその年齢に近づいてくると「まだ若い」「まだおばさんじゃない」などと自分に言い聞かせるのです。

 

滑稽ですがこれは女によくあるパターンです。

 

年を取ってからも女性には価値(魅力)があると主張する女は、若い時に価値があるという女の人生のメリットを享受し老いた同性を無価値と叩いておきながら、いざ自分が価値がなくなると手のひらを返して駄々をこねているのです。

 

私が言いたいのは、手遅れになってそっぽを向かれる前にしっかり自分の価値を大事に利用しなさいということです。選り好みしたりしているうちにもどんどん価値はしぼんでいきます。若い時に相手にしなかった男性からそっぽを向かれる時が来るのです。そうなったら、もう手遅れです。出来るのはせいぜい媚びを売り、恩を売り、昔の思い出や関係の力にすがってなんとか男性を振り向かせることだけです。なので若い女性はその時は「つまらない男だなぁ」と思う相手にも積極的に媚びを売っておけば、35歳で女性を停年しておばさんになったときに「つまんない女だな、おばさんやんけ」などとそっぽを向かれずに済むのです。男性から見ればもっと綺麗な女性がいるのにわざわざおばさんを選ぶ意味がありませんからね。企業だって仕事の出来る若い社員を雇わずに仕事もできない中年を雇わないでしょ?同じことです。仕事のできない中年の唯一の手段があるとすれば、昔のコネを使って頭を下げてなんとか食い扶持を貰うくらいのものです。35歳で女性を停年したおばさんも同じ事なのです。

 

気に入らない、受け入れたくない現実があると、人はそれを拒むために都合の良い理由を持ってきて否定しようとします。つまらない理由をでっち上げて居心地の良い世界に逃げ込む暇があったら、少しくらい努力を始めてみてはいかがでしょうか?定年を迎える前のまだ女性であるうちに。