読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非モテだからこそ説教ナンパにチャレンジすべき

記事一覧 ナンパ

顔も悪く収入もなくユーモアもない、そんな男でもうまくいくナンパがある。説教ナンパだ。

 

一般的ナンパは道行く女性に「こんにちは」「どこいくんですか?」「ちょっといいですか?」などと声をかけ、普通に会話をしつつ予め決めておいた小話で笑わせて相手の緊張をほぐしたところで連絡先を聞くなり喫茶店にいくなりするものだ。

 

男から声をかけてもらって当たり前というスレた女性は迷惑に感じるし、ナンパする側もする側であかの他人に声をかける行為に申し訳無さを感じる者もいる。そもそも成功率が低い。

 

普通のナンパの声のかけ方は効率的にもモラル的にも問題が多い方法なのだ。

 

その点説教ナンパは普通のナンパとは違う。モラル的側面も効率的側面も問題がない優れた方法なのだ。

 

では説教ナンパとは具体的にどのようなナンパなのだろうか?

 

説教ナンパとは?

説教ナンパとは文字通り説教から始まるナンパである。ポイ捨てをしたり歩きタバコをしていたり通話禁止の場所で電話をしている女を注意し反省を促すため説教する事から始まる。他のナンパと違い世のため人のためになる事がナンパに自然とつながるのだ。

 

少女漫画で女の子がイケメンの不良を注意して更生させながら愛を育み結ばれるストーリーがあるが、あれを逆にしたものだと考えれば違和感はないだろう。

 

説教ナンパには以下のような特徴がある

  1. 通常のナンパとは逆にナンパする側がモラル的に正しい立場に立つ
  2. 女性に反省を促し成長させることができる
  3. 迷惑がかからず効率も良い
  4. ナンパする側が上下関係で上の立場になる

「1:通常のナンパとは逆にナンパする側がモラル的に正しい立場に立つ」

これはモラル的に葛藤してしまうタイプの人にとっては特に良いことだろう。一般的にナンパは悪い行為であるとみなされる風潮がある。「迷惑だったらどうしよう?」「女の人に悪いんじゃ?」などという考えが頭をよぎり行動に移れない人は多い。

 

だが説教ナンパの場合あなたがやるのは純然たる正しい行いなのだ。悪い人がいる、注意して反省させる、社会は悪い行いをするものが減ってハッピー、悪人も間違いに気づけてハッピーだ。むしろ社会の一員として賞賛すべき行為と言っていい。

「2:女性に反省を促し成長させることができる」

これは他のナンパと一線を画すと言っていい。普通のナンパは女性の迷惑になることもあるしそもそも女性のためになるものとは限らない。

 

だが説教ナンパの場合には女は悪人なのでそもそも迷惑など配慮する必要などない、迷惑をかけられているのは社会やその一員であるあなたの方だからだ。間違いを指摘し正論をとき認めさせることで彼女は同じ過ちを繰り返さないようになるだろう。あなたのナンパは目の前の女性を過ちを繰り返す人生から救い出す事につながるのだ。

 

たとえナンパに失敗したとしてもその女性は同じ過ちを繰り返すことは少なくなるだろう。うまく言っても失敗しても目の前の女性を指導し正す事で「人格的成長」という彼女に足りなかった贈り物をしてあげることが出来るのだ。

「3:迷惑がかからず効率も良い」

ナンパをされることを品行方正な女性の中には迷惑に感じる人もいるが、そういう女性に声をかけて迷惑をかけずに済む。あなたが声をかけるのはそもそも品行に難ある女だからだ。また2:でも触れたがそもそも声をかけるのは注意するためなので迷惑などと言う権利がそもそも女の側に無い。むしろ「間違いに気づかせてくれてありがとう」と感謝される立場である。

 

効率面でも足を止まらせて会話に繋げやすい。人間というのは行いを指摘されてそのまま逃げるというのはなかなかできないのだ。そこで無視して歩き続けるような女は良心の呵責や公共への意識という者が欠落しすぎていているので多少きつめに叱ったほうがいいだろう。

 

もっと言えば口喧嘩するくらいになったほうが、一旦落ち着いたら後にも繋げやすい。壁が取り払われるからだ。

「4:ナンパする側が上下関係で上の立場になる」

これはかなり大きい。ナンパでは基本的に女の側が一方的に選択する権利を持っているアンフェアかつ不利な状態からスタートするが、説教ナンパでは逆にあなたのほうが心理的にもモラル的にも強い立場にある。

 

大義名分があるのでぼーっとした態度で話を聞いてないようならしっかり指導することが出来る。普通のナンパならよほど気をひくのが上手なものでなければ無理だ状態でも、落ち度が有りそれを指摘しているという関係なら真面目に話を聞かせるのも簡単だ。

 

説教ナンパで声をかけた後

ひと通り説教したら多少の態度を軟化させてもいいし、気を楽しするように促してもいい。

 

「言い過ぎたからお詫びに〜」でもいいし「ちょっと疲れたし反省したようだから許してやる、喉が乾いただろう?」というようなふうでもいい。

 

大切なのは自分の中のギアを替える感覚を持つことだ。ギアを変えた瞬間に相手は緊張がほぐれて油断が生まれる。その習慣に上のような言葉を緊張の隙間に吹き込んで誘うのだ。子供の頃を思い出してほしい、親に怒鳴りつけられて説教された後に「もうわかったようだから・・・」と普通のトーンで声をかけられた時の安堵感を。あなたの誘い文句はむしろ相手を安心させるのだ、飛びつかないわけがない。「君は反省できたようだから説教はこれで終わりだよ」というニュアンスで誘うことが大切だ。

 

その後も油断しつつも心理的には上下関係が継続しているという最適な状況が整っているのでスムーズに話は進む。男として舐められていない状態なのであなたの優しさや口説き文句を受け入れる土壌が整っている。

 

後は適当にやってもうまく行く。安いコーヒーでも「おごってやって」適当にお茶を飲みながら連絡先でも聞き出せばいい。「これも何かの縁だから」みたいな適当な理由でも十分聞き出せるだろう。

 

非モテが説教ナンパする上での最重要ポイント

どうしても非モテは下手に出る。相手が悪くとも美人だったりするとそれだけでへりくだる。そして中途半端な態度で注意してきていると見抜くと人は逆ギレで乗り切ろうとすることがある。

 

そこでひとつ助言をしたい。「相手を女と思うな」だ。相手をマナーの悪いアホな男だと思え。相手の言葉は全て言い訳、もっともらしく聞こえても屁理屈をこねて正当化する手段にしているだけだ。アホなマナーの悪い男を徹底的にやり込める気持ちで向かってほしい。

 

それくらいでないと相手を反省させ成長させる事も社会のためにもならない、あなた自身の目的のためにもだ。

 

繁華街に一歩足を踏みい入れればマナーの悪い女がうろうろしている。美人だからなにをしても許されるという間違った考えを持ったままでいるものも多い。あなたが説教ナンパをすることは街のためにも必要なのだ、あなたのためではなくみんなのためという意識を持ってナンパに励んでほしい。あなたが本気で怒るほど女は感謝する、好きになる。

 

試されているのはあなたのルックスでも収入でも知能でもない、正義感であり悪に対する怒りだ。