読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペコ&りゅうちぇるのネタ・キャラパクリ開き直り事件から考える中国文化

エンタメ 記事一覧

沖縄といえばかつては琉球と言われ、かつては中国と深い関係はあっただけあり食べ物や建築物などにも中国に近い文化が今なお根強く残っている。

 

さて沖縄と言えば芸能界に数多くのタレント・役者・モデルを排出していることで有名だが、その中でも今最もアツいのは誰か?といえば「りゅうちぇる」である。

 

ヘビーな原宿系女子をそのまま性転換させたようなルックスで、一度見ればその強いインパクトで目に焼きつきなかなk忘れることはない。あれだけのインパクトがあるのだから視聴者に覚えてもらうことが大切な芸能界で一気に露出が増えたことも不思議ではない。

 

さてこのりゅうちぇるだが、彼の攻撃的な態度がヤフーのトピックで取り上げられていた。それはある番組中の出来事だ、ペコ&りゅうちぇるのネタがあるモデルのネタととても類似しており、先にそのネタをしていたモデルに指摘された。それに対しりゅうちぇるは「パクリではない」と主張しつつ「文句をつけるのは自分が売れなくなる事を恐れているため」と逆に相手を攻撃し始めたのだ。

 

はっきりいってペコ&りゅうちぇるのネタはそのモデルのものと類似しており、キャラクターも疑いをかけられてもおかしくない程度に類似している。テレビなどでの活動時期もそのモデルのほうが早い。完璧な言い逃れをすることは難しいだろう。それくらい似ているのだ。

 

仮に偶然似てしまったとしても、もし普通の人がりゅうちぇると同じ立場なら「後から似たような方法で売れましたがよろしゅう頼みます」という態度を取りそうなものだ。だが彼らは違う、パクったという事を否定するのみならず相手を貶めてその場をしのごうとする。

 

私はこのトピックを見てあることを思い出した。中国のコピー製品だ。

 

中国では世界の有名企業が築き上げた製品をパクリ、あるいはコンセプトやデザイン・機能を一部だけ変え「パクリではないオリジナルである」と主張する文化がある。これは中国では優秀な者とは無駄な努力をせず上手にパクる者だという思想があるからだ。

 

勝手に商標をとったりパクリ元の企業を罵ったりすることはもはやニュースでは見慣れた光景だ。

 

さてそんな中国だが、沖縄はかつて琉球だったころ中国の属国でもあった。すでに日本の一部となり人も文化も日本と溶け込んでいるが、一部にはまだ根強く手付かずの部分が残り続けている。中国が強くのこり続けている。

 

沖縄出身タレント全員がそうだとは思わないが、コンテンツはパクりやすい。単純なネタであれば一部を変えれば再利用することは簡単だ、ヤる奴はヤるだろう。中国でコピー製品を作る者達と同じように。

 

今回のりゅうちぇるの一件で本当にパクリだったのかどうかはわからないが、もしパクリであっても認めることはおそらく無いだろう。

 

だがもしパクっていたのだとしたら、深く沖縄に残る中国のパクリ・逆ギレという文化的DNAは何世代たてば浄化されるのだろうか?それとも消え失せることはなく逆にこれも立派な文化であり文化への差別だ!と言い張るのだろうか?

 

沖縄では成人式で暴れる未熟な成人達が毎年のように現れるが、りゅうちぇるも21歳、1つ年上だ。成人式での振る舞いがどうだったかは知らないが、暴力は態度や言葉の中にも潜む。もし先に似たようなキャラ・ネタの人がいたのならもしパクリでないならそれこそ「あなたがこのキャラクターで売るという道を開いてくださいました」「あなたが切り開いてくれたこの道です」とある程度の敬意を払うのが成人として日本人としての持つべき礼儀(reigi)だ。

 

私は彼らのことが好きでも嫌いでもないし、差別感情も一切持っていない。だができればもう少し成長した姿を見せてくれたらと思う。