読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「君の名は」と「聲の形」が大ヒットした本当の理由は”太もも”

記事一覧 エンタメ

それは「ミニスカ美少女の太もも」です。君の名はではCMで繰り返しきわどいアングルでミニスカートの女子高生がなまめかしく太ももを組み替えるシーンが流されます。これは売れる要素ですね。

 

また聲の形のポスターも同様です。男ならチェック柄のミニスカ美少女の太ももについつい目線が集まります。

 

この2つは計算して行われたものです。原作がどうだか知りませんが(原作自体がそれを狙っているとしても)、女のコが別にミニスカートにする必要もないし美少女にする必要もないし、そもそもむちむち系の太ももにして男の官能を刺激する必要は無いはずです。

 

ちょっと脱線しますが、例えばめちゃくちゃ禁欲的な人がいるとします。自分に性欲があるということすら罪の意識を持つレベルの人で、エロいものをエロいと認識することすら自己嫌悪します。そんな人にさり気なく艶かしいシーンのある反戦ドラマをみせたとしましょう。

 

普通の人ならさり気なく挿入されるそのシーンを「あっ、エロシーンだな」とそこから得られた興奮はエロシーンのせいだということを自覚できます。しかし先ほど上げた禁欲的な人の場合はどうなるでしょう?人間なので自然と興奮はしますが、その興奮をどう処理するでしょう?禁欲的であるほど抑圧が起こり無自覚になります。そして興奮の発生源に無自覚な場合、人はわかりやすいメッセージに飛びつきます。反戦ドラマの場合はストーリーなり反戦メッセージなりに「心打たれたのだ!」と思い込むはずです。

 

ここで再び「君の名は」「聲の形」のミニスカ美少女太もも事案について見てみましょう。なぜ美少女なのでしょう?なぜミニスカートなのでしょう?なぜ太ももを強調するのでしょう?答えは明白ですね、さり気なく性的興奮を煽ってそれを作品の評価に結びつけるためです。ミニスカ美少女の太ももは売れる要素の一つなのです。

 

美少女好きという自覚のあるアニオタであれば騙されません、太ももサイコーと自分を抑圧しないので素直に受け止めます。ですがオタはダサいと考える人や萌に振り回されない硬派なアニオタを気取っている人はどうなるでしょう?作品をべた褒めするに決まってます。

 

「美少女の太ももに興奮しちゃってさぁ」なんて口が避けても言えませんし、自分で自覚することすら拒絶するため、無意識的に作品自体へとエロから得た興奮を帰属させます。

 

ではどういう人がこれに引っかかるのか?簡単なテストが有ります。それは椎名林檎群青日和のPVを見る事です。これに妙にグッときて椎名林檎がかわいい(正しいですが)以外の感想が出てこない人は「君の名は」と「聲の形」を無自覚にべた褒めするタイプの人です。

 

こういうやり方に興味がある方はウィルソンブライアンキイの「メディア・セックス」を呼んでみてください。ちょっと誇張表現は有りますがこういうタイプの売れる要素の仕組みを実にわかりやすく解説しています。この2作品がミニスカートでなければいけない理由やなぜ「君の名は」が夢の中で男と女が入れ替わるのが売れる要素なのかについてもよくわかるはずです。

 

自覚のないオタ、自覚したくないオタ、そして自称真面目のすけべ野郎どもを相手に売れるヒットアニメを作る法則を学びたければ、この2作品の”太もも手法”を参考しするとよいでしょう。