読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「専業主婦はニートと言う人の心理」という記事を喜んで読んじゃう人の「心理」

おそらくあの記事を喜んで読む女は「専業主婦はニート」と言われてスルーできないほど図星な人間だ。そもそも”心理”という便利な言葉に頼ってろくに主婦をできていない自分ではなくその言葉を吐きかける相手にクローズアップしてその場しのぎの精神的安定を手に入れようとする未熟さと自分への甘さにイライラする。

 

「〜する人の心理」系全般に言えることだが、言葉の内容そのものと向き合うでもなく現実の自分を見直すのでもなく、発言者側の心の問題にすり替えて都合よく逃げる姿勢が気持ち悪いのだ。

 

さらに言えば「心理」の問題にすり替えるついでに「現実はそうではない」と遠回しに主張しているような気すらする。”そういう事を言う人”だからであって”自分がそういう人”だからではないという分析風逃避の心理がそこにはある。

 

戦わず向き合わず、一番楽な方法で安易に辛い言葉から逃げようとしているのだ。甘くて都合の良い言葉になら思慮せずに飛びつくところが実に専業主婦らしいB層っぷりだ。

 

「専業主婦はニートと言う人の心理」という記事を読む人の心理、それは安易な逃避と自分への甘やかしだった。